仕事場で起こりやすい

職場で起こる同僚の異変

仕事は個人的な居場所ではない、あくまでも仕事をする場所。
そのため心身の調子という極めてプライベートなことに、あまり介入しすぎるのは問題とされている。

 

そのために、精神的な部分の相談はしないケースが多い。しかし、職場として従業員の健康を守る義務はあると思います。

 

ストレスや体の疲れも仕事が大きな原因で統合失調症になることも多い、そのために、様子がおかしいと思ったら、適切に対応する必要があると思います。

 

職場で最もわかりやすい様子の変化は「欠勤や遅刻」。
今までは、順調に働いて従業員が、急に休みがちになり、ミスが多くなっている。

 

その他、能率が低下し、机や服装の乱れ、報告や相談が少なくなる、表情に活気がなくなるなど、不自然な言動が目立つなどの変化が訪れます。

 

そんな職場の従業員がいたら注意しなくてはいけませんね。変化に対して自分では気づいていないことも多いために、周りが気づき声をかけるコト。

 

本人から相談をしてくれればいいのですが、統合失調症やうつ病の患者は内向的な方が多いために、自ら相談する人は少ないと言われています。そのために、普段とは違う症状を感じたら、声をかけてあげるのも症状を和らげる手立てになると思います。

 

今どのような状態に見受けられるのか、その状態を心配し、どのようなことをすればいいのかをうまく伝えてあげることが大切になります。