職場の服飾

統合失調症と復職

統合失調症にかかったら、休養することが必要となります。無理をすることでさらに症状が悪化します。仕事を持っているなら、主治医の判断で、必要であれば給食を進められるでしょうが、主治医には診断書を書いてもらい、上司や産業医、人事担当者などに相談して、給食の手続きを行います。

 

あきらかに仕事や職場が負担で統合失調症を発症した場合など、退職したほうが良いとわかっていても、いったん休職扱いにしてもらい、ゆっくりと症状を開発してから考えたほうがよいかもしれません。

 

素の開所に復帰する場合は、症状が無くなって日常生活が元に戻ってきたら、主治医と相談して復旧の時期を決めます。その後、上司とこれからの仕事内容について話し合うこと。職場での受け入れ態勢整えてもらうことは大事です。仕事の量を減らす、勤労時間短くするなど、いろいろなやり方はあると思います。

 

まずはあせらずに、統合失調症を改善し、それから仕事のことを考えることが望ましいと思います。