統合失調症の再発

再発しないように心がける

統合失調症は薬を服用することで改善することはできますが、再発することがあります。特に、性格として真面目な人や几帳面な人が発生しやすく、症状が収まっても、つい以前のように「仕事のし過ぎ、家事に時間を使いすぎ」などで、頑張りすぎてしまうことで、再発しやすくなります。

 

少しでも周りの人が「がんばりすぎる」と感じたら、少しでもいいので、アドバイスをしてあげること、本人は自分のオーバーワークに気付いていないことが多いので。

 

統合失調症の症状が無くなって、元の生活に戻れるようになっても、すぐに治療をストップすることはありません。再発予防のために、少量のエビリファイなどの薬を服用し、一年くらい服用します。自分だけで判断し、すぐに服用を中止すると、より再発が起こりやすくなります。

 

再発のきっかけ

統合失調症は本人が自覚する市内に関わらず、発症した時と同じ上々で、再発しやすいと言われます。うつ病の認知行動療法では、自分のどんな環境が悪かったのかを自覚し、考え方を変えることも一つ大事になると思います。

 

それを思い出し、以前の状況にならない工夫も大切になると思います。