統合失調症に効く薬「エビリファイ」

統合失調症の薬「エビリファイ」

脳の働きの障害で「幻覚、妄想」が起こってしまう

統合失調症とは、
まわりに人がいないのに声が聞こえたりする「幻聴」や、実在しないものが見える「幻視」、誰かに殺される、いない人が見えるなど、「妄想」が起こってしまうなど、脳の働きに障害が起こるため病気です。
nou.jpg
発症率は、民族や地域に関係なく100〜120人に1人と言われ、発症年齢は10〜50歳とバラバラですが、その大半が20歳前後で、社会に溶け込むことができずに起こりやすされています。

 

初期段階で気付き改善をはかれば社会復帰も早いのですが、なかなか症状に気付かない患者が多いのが現状です。

 

統合失調症の原因として、現在の所はっきりとしたことはわかっていません。しかし、脳内の神経伝達物質であるドーパミンが過剰に働きすぎることが問題で発症するとことが要因とされています。

 

そのため、脳内のドーパミンの働きに障害が生じるために「陽性症状、陰性症状」が起こりやすくなります。

 

陽性症状(急におこりやすい症状)
  • 幻覚(幽霊が見える、人が見える)
  • 幻聴(人の悪口が聞こえる、嫌がらせの物音がする)
  • 幻臭(毒ガスがまかれているように感じる)
  • 妄想(被害妄想、誇大妄想)
  • 話に一貫性がない
  • 理由がないのににやにやする
  • 独り言を言う
  • しかめっ面をする

 

陰性症状(慢性的に起こる症状)
  • 移植が無くなってごろごろする
  • 自分が病気だと自覚しない
  • 他人との付き合いを嫌がる
  • 家に閉じこもる
  • 感情が乏しい
  • 異常に疲れやすい
  • 物事に興味がなくなる
  • 入浴を嫌がる

 

初期段階なら症状も浅いのですが、しだいに悪化し、人との関係を断ち、家庭や社会で生活することが難しくなります。すると、「感覚・思考・行動」が鈍くなり、自覚しにくいという側面もでてきます。

 

 

統合失調症の症状が激しくなり、家族だけでは対応ができないことで、病院の通院となりますが、ほとんどが入院よりも外来で行われます。

 

 

そこで利用されるのが統合失調症の薬であるエビリファイです。

 

 ・エビリファイの詳細についてこちらまで >>

 

 

 

統合失調症の薬「エビリファイ」

エビリファイとは、最近になり処方箋として利用されている統合失調症の治療薬です。

 

アメリカでは2002年に許可がおり発売開始となり、それから4年後に日本の厚生労働省が許可し利用されています。

 

統合失調症の患者にエビリファイの容量6mg〜30mgを使用します。しかし、精神科によっては、3mgと低用量で「うつ病、躁うつ病、双極性障害」にも利用する例もあります。

 

統合失調症は「脳内のドーパミンが働きすぎること」が原因、そこで、エビリファイを服用することで、ドーパミンを抑制してくれます。
yokusei.png

 

実は、このエビリファイが日本だけでなく世界的に利用されている理由の一つとして、ドーパミンの作用に対し、様々な効果を発揮してくれるからです。

 

エビリファイとドーパミンの関係

エビリファイの作用として、
おもにドーパミン系神経に調整的に働きかけるという特徴があります。

 

そうすることで、ドーパミンが過剰に放出されているときに抑制する効果があり、なおかつ、ドーパミンが不足しているときには逆にドーパミンを活発にする効果もあります。

 

統合失調症やうつ病などの原因性として、個人差はありますが、エビリファイを服用することで、それぞれ的確に効果を発揮してくれる薬と言うことになります。

 

エビリファイを通販で購入する

エビリファイは、病院の心療内科などで診察を受けた後に、医師に基づき必要と判断を受けたのち処方箋として受けることができます。

 

しかし、その中にもさまざまなことが理由で、病院できない人もいます。

  • 病院までの距離が遠い
  • 通院ができない
  • 金銭的な問題
  • 国民健康保険、社会保険などに未加入

 

このようなことから、エビリファイを病院で処方するのではなく、個人での利用に限り、医師の診断が必要なく、価格を安くして購入することができます。それが、インターネットを利用した通販(個人輸入)になります。
kibod.jpg

 

もともと、国内で処方されているエビリファイは薬価が非常に高いのですが、海外で製造されているエビリファイを個人輸入で利用すると、コストを落とし購入することができます。

販売

製品

用量

薬価

病院 エビリファイ 3mg 97円
病院 エビリファイ 6mg 184円
病院 エビリファイ 12mg 350円
病院 エビリファイ 24mg 655円
個人輸入 ジェネリック 15mg 36円

 

「国内のエビリファイ」と、「海外のエビリファイ」を比較するとかなりの薬価に差が出ていますが、この理由はジェネリック医薬品だからです。
asuprito2.jpg

 

日本でエビリファイが許可されたのが2006年と最近で、これから15〜20年間は独占して販売すると予測されます。それに対して、海外ではエビリファイのジェネリックが販売・処方しているため、個人輸入を利用することで価格を安くして購入することができます。

 

あくまでも個人輸入は自分自身が行うわけでなく、専用の個人輸入サイトを利用しエビリファイを購入することができます。最近では、様々な個人輸入サイトが出回っているため、できることなら「価格は安く、信用できるサイト」で購入したいものです。

 

そこで私が利用しているのが「オオサカ堂」という個人輸入専用サイトです。
oosakadou2.jpg

 

どうしてこの個人輸入サイトかと言うと、他と比較して価格が安い。なによりも創業17年以上も経過しているし、利用している人が多く、口コミのコメント、数などを拝見すると、信用性がかなり高いと感じます

 

 

あくまでもエビリファイを海外で製造された薬を輸入するために、購入するときは、信用できる個人輸入サイトで、購入したいものです。

 

エビリファイ個人輸入サイト

数量

薬価

送料

販売サイト

1箱
100錠

3,200〜3,600円
36円(1錠)

送料無料 詳細・購入について>>>

 

 

 

ページの上へ